お好み

元気な美少女(この場合は特に次女を指す)

だのどーぶつちっくな娘(この場合は特に三女以下を指す)だの、長女的ないかにもおじょーさん姫って以外にもそれぞれにいいんですけど、ちょっとおちゃめな大人のおねーさんってのも実はお好みなんですよ。

だから徳川唯依(時空管理監)と織田綾乃(某院長)、そしてリーベローゼ(魔女)ってキャラ立てをしたので、これがこの後どうストーリーに絡んでいくのかが実は姉妹以上に重要になっていくというね。

あたかも、
主役の連中より脇を固める大人の人間たちのほうがいい役を持っていく「機動警察パトレイバー」の如くww

(勿論、オーディオドラマ収録時に、そのキャラ立てを成功した役者さん達のおかげ。使える「キャラ」になれば出番が増えるのは、別作品でもりさわさんがオカマ役でゲトーしたので証明されている)

よし。 なんとかかたが付きそうなので、「Tower of AION」に逃げ込みますww (てか、この後に及んでネトゲかよ!ww)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です