光不足

通常は水虫=足、ことさら足の裏や指の間に現れやすい病気だという認識が広まっていますが、白癬菌がうつるのは足に限定されているわけではなく、全身いたる所にうつってしまう可能性があるのです。

うす暗い場所では光不足により見えづらくなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼のレンズのピントを合わせるのに多くの力が消費され、光の入る場所でものを眺めるより疲労が大きいのです。

悪性の腫瘍である卵巣がんは、元来、人の体を癌にさせない役目をする物質を生成するための型である遺伝子の異常が引き金となり発症してしまう病気です。
軽い捻挫と自己判断し、包帯やテーピングなどでとりあえず固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を終えたらすかさず整形外科医に診てもらうことが、根治への近道になるのです。

亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素や、細胞・組織の再生に深く関わっている酵素など、約200種類以上ある酵素を構成する物質として絶対に欠かせないミネラルの一種だといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です