インスリン

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)の血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことにより

残念なことに膵臓からほとんどインスリンが分泌されなくなることで発症に至るという自己免疫性の糖尿病です。

吐血と喀血、2つとも口腔からの出血ですが、喀血の方は喉から肺に続く気道(きどう)から出血する状態で、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から出血する病状を指しています。
生殖器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密に関わっており、前立腺に出現してしまったがんも同様、雄性ホルモンの作用を受けて大きくなってしまいます。

汗疱というのは手の平や足裏、指の隙間などにブツブツの水疱が現れる病気で、通称汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出てくると足水虫と思い込まれることも多くあります。

日本における結核対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に沿って進行されてきましたが、56年後の2007年からは多くの感染症と供に「感染症予防法」に従って行われることに決まったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です