資格をとる

平成18年(2006年)度から、法律系資格の行政書士試験は大分改正が実行されました。憲法・民法などの法令科目が大きく重視されるようになりまして、選択式問題及び記述方式の試験問題といった新しい傾向の試験問題も多く出題されております。

会社に属しながら資格をとるための勉強をして、ようやっと3度の試験にて行政書士合格を獲得しましたわたくし自らの実経験を振り返ってみても、昨今の難易度に関しましては、大分高難度になってきているといえます。

各年、司法書士試験合格者の合格率は2〜3%前後とされております。長いスパンに渡る試験勉強時間との釣り合いを見ると、司法書士国家試験がいかに難関となってるか分かるでしょう。
もし日商簿記検定試験1〜2級をたった一人の力で独学で合格を実現された方であれば、税理士試験におきまして簿記論や財務諸表論の2種の科目に限定しては、ともに独学で合格を勝ち取るということも、決して難しいわけではないと思います。

他よりもかかる費用が安い、学習範囲を選定し、学ぶ量を少なく設定しているカリキュラム制度、高い精度のテキストブックなどが評判の通信講座の『フォーサイト』。行政書士通信講座ならまずコレ!等と口々に言われているくらい高い人気がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です