殻は柔軟

北海道近海においては資源保護を願って、産地をローテーションさせて毛ガニの収穫期間を設定していますから、一年を通して漁場を変えながら、その身の締まっているカニを召し上がっていただくことが適います。

強いて言うなら殻は柔軟で、対処しやすいということもウリです。絶品のワタリガニを見た際は何とか茹で蟹として召し上がってみると良いと思います。
他の何より激安で味の良いズワイガニが入手できるという部分が、インターネットの通販で見つかる訳あり価格のズワイガニについて一番のポイントといえるのです。

捕獲されてすぐは茶色の体でありますが、ボイルされた瞬間赤く染まり咲いている花のような感じになるということで花咲ガニの名前が付いたと一説には言われています。

海を渡り歩くワタリガニはカニ下目の内のワタリガニ科に類別されるカニのひとくくりにした呼び方で、日本国内では甲羅に刺があるガザミや房総半島でも見かけられるタイワンガザミに代表される大きい体のガザミ属を指し示す呼び名となっているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です