総体的な力

まず最初に直訳はしないで、アメリカ人の表現自体をそのまま真似する、日本人の発想で適当な文章をひねり出さない、よく使われる表現であればあるほど日本語の表現を変換したとしても英語とは呼べない。

英会話においては総体的な力を上昇させるためにNHKのラジオ英会話では、あるテーマに沿ったダイアログ方式でスピーキング能力が、そして海外ニュースや、歌などの原料を用いることによって聞いて判別できる力が、体得できます。

英語のみを使用する英会話の授業は、日本語から英語に変換したり、再び英語から日本語に置き換えたりという通訳するステップを余すところなく排することによって、全てひっくるめて英語というものを理解する回路を脳に築いてきます。

いわゆるYouCanSpeak(YCS)の特徴はたくさん聴いて英会話を学んでいくということよりも、多く会話しながら英語を学習する型の勉強材料なのです。英語の中でも殊に英会話を重要視して学習したい方に必ずや喜んでもらえると思います。

話す事は、初期のレベルでは日常会話でしばしば使われる基軸となる文型を系統立てて繰り返し鍛錬して、単なる記憶だけではなく自然と口ずさむようにするのが最も効果的である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です