保湿のポイント

肌の潤い感といった保湿の効果を改善したりとか、肌から必要以上に水が失われてしまうのを確実に押さえたり、外から入る刺激や汚れや細菌などの侵入を防いだりするなどの働きを持ちます。

保湿のポイントになるのは角質層に水分が行き割ることです。保湿効果のある成分が贅沢に入っている化粧水で角質層を水分で満たし、補給した水分量が出ていかないように、乳液やクリームを塗布して油分でふたをするのがおすすめです。

1g当たり6?もの水分を蓄えられるという優れた保水力を持つヒアルロン酸は、皮膚ばかりでなく色々なところに大量に含まれており、皮膚では表皮の下にある真皮といわれるところに多量にある特徴を持っています。

よく耳にするコラーゲンという成分はタンパク質の一つで、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が繊維状にくっついて作り上げられているものを言います。生体を構成するタンパク質の約3割強がこのコラーゲンという物質によって作り上げられているのです。

今現在に至るまでの研究によると、このプラセンタエキスにはただの栄養素としての豊富な栄養成分だけというのではなく、細胞の分裂速度をちょうどいい状態に調整する働きを持つ成分が備わっていることが理解されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です