作り上げ

マスコミが反相手国を煽る → 国民がそれに乗せられる → そうなれば反相手国の方が売れるのでマスコミはもっと煽る → 反相手国が世論と化し、政治もそれに左右される 。 

ということになっているのではないでしょうか。 私の見る限り、実際に相手国の方と直接対話をされたことのある方は、概ね相手国に好意的になっているものと思います。
マスコミが作り上げた虚像に踊らされない為には、闇金の相談国民レベルで出来る限り積極的に直接対話をすること、これに尽きます。 マスコミは虚像を煽らない、国民はマスコミの煽り報道に騙されず自分の目と頭で判断する、それが今、最も求められていることであろうと感じます。 平和ボケ、ニッポン。典型的な「煽り文句」で、現在の日本において徴兵制が導入されるには、相当に長い議論が必要となるでしょうから、少なくともこの記事にあるような、 集団的自衛権容認 → 戦地に行かされる → 入隊者が減る → 徴兵制 といった「風が吹けばおけ屋がなんたら」のような流れで徴兵制が導入されるなど有り得ません。