信用に値する情報

今のようにネットが普及するまでは、マスコミの報じ方によって、世論が大きく影響されてきた。
でも今は必ずしもそうではない。

日常的にネットの情報に接していれば、事実がどうなのかを、ある程度ネットから得ることも不可能ではない。 もちろんネットには悪意に基づいた嘘も氾濫しているわけで、どれが信用に値する情報かを見抜く目も極めて重要ではあるけれど・・・
ネットで時々「上から目線」とかいう言葉を目にする。
言葉には語弊があるかもしれんけど、朝日の報道には「愚かな国民を啓蒙してやる」というような高慢な姿勢を感じることがある。 読者を愚弄してはいけない。
今や誰でも「事実はこうだ」とネットを通じて発信でき、これを通じて誰もが何が事実かを知ることができる時代に入っている。 「愚かな国民を啓蒙してやる」的な高慢な姿勢を払拭できなければ、報道機関として存在する意義はない。
というよりは、存在することそのものが害悪になる。