白黒つけずに

終戦当時に10歳にも満たなかった慰安婦など、信憑性に乏しい証言をもとに謝罪する必要などない。

そして、確かに日本軍による強制連行があったという証拠が挙がったら、日本はしっかりと謝罪すべきだし、無かったら韓国は「しっかりした証拠もなく日本を非難して申し訳なかった。撤回して謝罪する」としっかりと国際的にアピールする必要がある。世の中の基本は「推定無罪」、疑わしいだけで罰することはおかしい。容疑の段階では、無罪として扱われるべきだ。「闇金相談 山梨あったはず」の罪で証拠もなく罪人扱いすることができたら、司法制度が崩壊する。白黒つけずに、いつまでも引きずっていても、未来志向的な関係は築けないと思う。

それと、日韓基本条約が太平洋戦争時の日本の行為に対する最終的な解決ではなかったかどうか、再度両国で確認すべきだと思う。最終解決でなければ、この条約を根拠に行った賠償の全てを利子付で返してもらい、その上で新たに賠償について話し合うと良いと思う。今度こそ「最終的な解決で、金輪際この話を蒸し返さない」という約束を付け加えたうえで。ただしこの前科がある以上「今回が最終解決」というのを信じることは、おいらには難しい。白黒つけずに、いつまでも引きずっていても、未来志向的な関係は築けないと思う。