アレンジさせつつ

根本氏は当然のごとく古巣 からキーマンとなる選手を引き抜き(FA・トレード)着々とホークスの土台を築いていったと思う。

また、ドラフトも根本流を時代にアレンジさせつつ有力選 手を取り続け、オーナー会社の変更もあった(これがホークスという球団の運の強さかもしれない)なか今に至っている。  
もちろんかなり端折ったり具体的事実を確認していない部分が殆どなので批判や異論は当然あると思うが、当時の個人的記憶やスポーツ紙などの批判 記事で覚えてる事からの感想であることを断っておきたい。
最大の功労者であった書道半紙のサイズ堤氏だがやはりどうしようもないワンマン経営者であり、その悪しき部分の後 遺症がが今も西武グループへの痛手としても残っている。いつの間にか資金の乏しい球団育成オンリーで選手に逃げられ続けるというイメージをプロ野球ファン から持たれたいるのは一ファンとして本当に淋しく悔しい。  一方ホークスは潤沢な資金と魅力ある選手を揃え結果も出している。