在来線維持

高速鉄道が開通すれば在来線の廃止が進むのは当然の流れですが、どの在来線を残し、どれを廃止するのか、には議論の多い所であろうと思います。

よくある悪事例としては、長距離移動用高速鉄道が開通したが為に、短距離で地元の方々が使っていた在来線が廃止されてしまうというケースです闇金相談 宇都宮(鉄道の高速化が進む中国でも最近、よく発生しているようです)。 また最近では、味わい深い在来線に乗ることそれ自体が旅の目的となっているケースもありますから、そうした視点での存廃検討も必要です。
その観点から言えば、第三セクター方式は、そうした地元の意向や鉄道ファンの要求に柔軟かつ的確に応えられる可能性はあるかと思います。 但し、短距離交通という観点から言えば、鉄道よりもはるかに安価なバスの有り方を見直す必要もあります。
個人的には、日本はまだまだ公共バスの活用が不十分であり、バス路線の充実化と利用時の利便性の向上を進めていけば、在来線をバスに代替可能な路線は少なく無いかもしれません。