作中で回収

またストーリーの柱であるにも関わらず、主人公とゲドが何を目的に移動しているのかについても語られることがありません。

これではどうしても世界観に浸ることが出来ず、登場人物に感情移入することも非常に難しくなります。 伏線を回収しない 。
途中で伏線を散りばめながら、それを上手く作中で回収していく、というのも映画やドラマの王道です。この成功例はシックス・センスあたりかなと思います。
「ゲド戦記」でも随所に「これは重要なシーンかな?」キャッシング審査甘い即日融資「このアイテムは何か深い意味があるのかな?」といった場面が折りに触れて登場するのです が、これがラストまで回収されない、若しくは監督としては回収したつもりでも観客にはそうは受け取れない、という構成が目立ちます。 例えば冒頭にて竜が争うシーンが流され、竜が現れたことに対する人々の驚きが描かれ、これから人と竜がどう絡んでくる展開となるのか、と期待させるのですが、結局ストーリー中にはそれが全く語られないまま、唐突にラストで竜が出てきます。 また主人公は王を殺して剣を手に入れます。