虚血性心疾患

アミノ酸の一種であるグルタチオンには、細胞の機能を不十分にしたり変異をもたらすような人体に有害な物質を身体の内側で解毒し、肝臓のパワーをより強化する特徴が判明しています。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」の2つの異なる治療法が高い確率で実施されています。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の身体の中の脂肪が占めている比重のことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キロ)×100」という式によって値を確認できます。

WHOは、人体に有害なUV-Aの異常な浴び過ぎは皮ふ病をもたらすとして、19歳未満の人がファッション感覚で日焼けサロンを利用する行動の禁止を強く世界中に勧めています。

通行中の交通事故や作業現場での転落など、著しく強い外力が身体にかかった場合は、複数の部分に骨折が生じたり、開放骨折になってしまったり、重症の場合は内臓が破損することもあり得ます。