健康障害

腹部の右上にある肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症を筆頭にいろいろな健康障害の合併症を招く可能性が高いといわれています。
PC画面の強くて青っぽい光を和らげるレンズの付いた眼鏡がいま最も人気を集めている要因は、疲れ目の低減に多くの人が興味を持っているからだと推測することができます。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を下げたり変異を招く害のある物質を体の内部で無毒化し、肝臓の力を促進するような特長が判明しています。
「ストレス」というのは、「溜めないようにすべき」「除外すべきもの」と思われがちですが、実の所、私たちヒトはこうしたストレスを受けるからこそ、生活することに耐えられるようになっています。
緊張性頭痛というのは肩凝りや首のこりから来る慢性頭痛で、「まるでギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「重くてたまらない鈍い痛さ」と言われます。
物を食べる時は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れたら幾度か咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後体はまことに健気に活動し続けて異物を人体に取り入れるよう努力している。
体重過多に陥っている肥満というのは前提として栄養バランスや食生活の質、運動不足が主因ですが、量の変わらない食事であっても、慌てて食べ終わる早食いを続けたならば肥満(obesity)の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。
不整脈の期外収縮は、健康な場合でも出現することがあるので珍しい心臓の障害ではないのですが、発作が数回続いてみられるケースは危ないのです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、1週間くらい薬を飲めば、一般に約90%の患者さんの自覚症状は無くなりますが、さりとて食道粘膜の炎症反応自体が完全に治ったことを意味しないのです。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はパープルに染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒力が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けられるのです。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、通常であれば人間の身体をガンから保護する役割を果たす物質を作出するための型みたいな遺伝子の不具合で発生してしまう病気です。
ご高齢の方や慢性的な疾患を持っている人は、際立って肺炎に罹患しやすく治るのに時間がかかると言われているので、予防の徹底や早め早めの手当が重要なのです。
下腹の激しい痛みをよく起こす病気の一例として、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などがまず挙がるようです。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な措置ではほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング(IABP)」とグラフトを用いる「冠動脈バイパス手術(CABG)」の二者の術式が高い頻度で使われています。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しく開発された薬の特許が切れた約1ヶ月後には、製薬市場の80%がジェネリック医薬品(後発医薬品)に替わるような医薬品もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は各国に採用されているのです。