病院

チェルノブイリ原発事故に関するその後の追跡調査の結果では、体の大きな大人よりも体の小さな子どものほうが飛んできた放射能の有害なダメージを受容しやすいことが理解できます。
学校等の大勢での集団生活において、花粉症の症状のせいでクラスメイトと同じようにして思いきり身体を動かせないのは、子どもにとって腹の立つことです。
インフルエンザ(流感)に適している効果的な予防法や病院での治療を含めた原則的な措置というものは、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであっても変わらないのです。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科手術としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈バイパス手術」という2つの異なる治療法が活発に扱われています。
比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に立ち向かう抵抗力を持たない人々が多くなっていることや、診断が遅れることなどに縁る集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっています。
ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になった後に市場に出回る、新薬と同じ成分で経済的な自己負担が小さい(代金が廉価な)後発医薬品のことを指します。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを抑制し、様々な覚醒などを操作しており、単極性気分障害の患者ではその力が鈍化していることが科学的に判明している。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と称し、かびの仲間である白癬菌が股部や陰嚢、臀部などの場所に何らかの理由でうつり、定着してしまった感染症で俗に言う水虫のことです。
高齢の人や慢性的な病気を患っている人は、際立って肺炎に罹りやすくなかなか治らないというデータがあるため、予防策の徹底や早めの受診が重要だといえます。
前立腺という生殖器はその生育や活動にアンドロゲンがとても密接に関係し、前立腺に発現してしまったガンも同様に、雄性ホルモンに影響されて成長してしまいます。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短く、大気中のオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊するなど、皮膚に悪い影響をもたらしています。
好気性桿菌の結核菌は、感染した人が「せき」をすることによって空中に散布され、空気中にふわふわ漂っているのを違う誰かが呼吸の際に吸い込むことにより拡がっていきます。
日本における結核対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に従う形で推進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは数多くある結核以外の感染症と同様に「感染症新法」という法律に基づいて行われることに決定しました。
内臓脂肪症候群であるとは言われていなかったとしても、内臓に脂肪が付く類のよくない体重過多を持ってしまうことによって、いろんな生活習慣病を誘引する可能性が高まります。
肥満というのは大前提として摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが主因ですが、量が等しい食事をとっていても、慌ただしく食べ終わる早食いを続けていれば体重過多に陥っている肥満を招く恐れがあります。