化学物質

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わり、2012年9月から原則無料の定期接種として導入されるので、個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わります。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質が、肝臓が持つ解毒酵素のスムーズな生産活動を助けているかもしれないという新たな事実関係がわかってきたのです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特徴があるためオゾン層でその一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞の遺伝情報を破壊するなど、肌にとって悪い影響をもたらすと言われています。
亜鉛は、遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素や、細胞・組織などの活動に深く関わっている酵素など、約200種類以上も存在する酵素の構築成分として絶対に欠かせないミネラル分なのです。
ストレスが蓄積してしまう理屈や、便利で効果的なストレス対処策など、ストレス関連の深い知識を保有している人は、現時点ではまだ少ないようです。
トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ働きが殊に知られていると思いますが、この他にも肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えるということが確認されています。
めまいが起こらず、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを何度も発症するケースのことを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」というようなケースがあるのです。
花粉症というものは、山林の杉やヒノキ、マツなどの様々な植物の花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・目のかゆみ・微熱・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を呈する病気として知られています。
自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格を持っていない普通の人にも扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに従ってケアすることで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効果を可能にします。
HMSの調査によれば、普通のコーヒーと比較して1日2カップ以上はカフェインの除去されたコーヒーを飲用すれば、なんと直腸癌の罹患リスクを半分も減少させることができたとのことだ。
クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルゲンである花粉の放出量に追従するように酷くなってしまう特徴があると言われています。
様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが誘因で慢性的な睡眠不足になり、翌日目覚めてからの業務に悪影響を与えるかもしれません。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在してクッションと同様の役割をする椎間板という名称の円形の線維軟骨が突き出た様子のことを指しています。
自分で外から観察しただけでは折ったかどうか自信がない場合は、ケガをしたところの骨を注意しながらプッシュしてみて、その箇所に激しい痛みを感じたら骨が折れている可能性があります。
結核への対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に準じて実行されてきましたが、56年後の平成19年からはその他の感染症と同様に「感染症予防法」という名前の法律に従って行われることになったのです。