高品

体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重が食事や排尿などにより一時的に増減するような場合、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が高まることがわかっています。
耳鳴りにも種類があり、本人しか聞こえないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者と他の人にも高品質なマイクロホンなどを使用してみると響いてくるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」があるのです。
人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分かれていますが、この中耳のところに細菌やウィルスが付いて炎症になったり、液体が溜まる病気を中耳炎と言っています。
体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖質、人の新陳代謝に必要な蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこんな活動をキープするために絶対に要る重要な栄養分までも減らしてしまっている。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを鎮圧し、様々な分泌物質の覚醒などを支配しており、気分障害(鬱病)の患者さんでは動きが鈍いことが科学的に判明している。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番症例の多い中耳炎で幼い子どもに多くみられる病気です。激しい耳痛や熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などたくさんの症状が発生します。
スマホ使用時の光のチラつきを低減させる効果のあるレンズの付いたPC専用メガネが現在人気を集めている訳は、疲れ目の予防に多くの人が興味を抱いているからでしょう。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通、人を癌から保護する働きをする物質を生成するための型のような遺伝子の不具合で発症する病気です。
現在のオペ室には、ラバトリーや器械室、準備室(preparation room)を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備するか、そうでなければ近距離にX線装置の専門室を備えるのが一般的だ。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、大抵は腹痛・悪心・腹下しを伴う程度ですが、バイ菌の感染によるものの場合は猛烈な腹痛・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に38度台の高熱も出るのが通例です。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というものは皮脂の分泌異常が主因で生じる湿疹で、皮脂の分泌が乱れる主因としてアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの乱れ、V.B.複合体の慢性的な枯渇などが考えられているのです。
通常の場合骨折は起こさない位のごく僅かな力でも、骨の同じ部位だけに幾度も繰り返して持続的に力が加わってしまうことで、骨が折れてしまうことがあるので注意しなければいけません。
子どもの耳管の構造は、大人のそれと比較すると幅が広くて短い形状で、またほぼ水平になっているため、様々な細菌が入り込みやすくなっています。小さな子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関係しています。
最大の内臓である肝臓に中性脂質やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、脳梗塞を代表とするいろいろな疾病の誘因となる恐れがあるのです。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caが体に吸収されるのを促す特質で知られており、血中の濃度を調整して、筋繊維の活動を適切に調節したり、骨を作ってくれます。