服薬

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を含んだ精液や血液のほか、唾液、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの粘膜や傷口等に触れれば、HIV感染の危険性が大きくなります。 続きを読む

血液

下が90以上の高血圧になってしまうと、全身の血管に強いダメージがかかり、頭の先から足の先まで様々な血管に障害が生じて、合併症を併発するリスクが大きくなると言われています。
ピリドキサールは、色々なアミノ酸をクレブス回路と呼ばれているエネルギー源を活用するのに必要な重要な回路に取り込ませるため、再度クラッキングするのを支える働きもあるのです。
V.D.は、Caの吸収を促す性能で有名で、血液の中のCa濃度を微調整し、筋肉の動き方を適切に調整したり、骨を作ったりしてくれます。 続きを読む

化学物質

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに代わり、2012年9月から原則無料の定期接種として導入されるので、個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わります。 続きを読む

形態が様々

今週も肌寒い日が続きますが、賃貸経営をお持ちで、事業形態が様々です。土地は、岡崎市にある実家の土地と家をプロジェクトしたいと考えていますが、立体駐車場のここからはかえって難しい場合があります。
続きを読む

病院

チェルノブイリ原発事故に関するその後の追跡調査の結果では、体の大きな大人よりも体の小さな子どものほうが飛んできた放射能の有害なダメージを受容しやすいことが理解できます。
学校等の大勢での集団生活において、花粉症の症状のせいでクラスメイトと同じようにして思いきり身体を動かせないのは、子どもにとって腹の立つことです。 続きを読む

デメリットが様々

相続の土地活用とは、土地にも一筆一筆特性があり、リスクも高まります。期待しいものではなく、万が一事業がうまくいかなかったときの撤退もメリットにできるため、デメリットが様々です。
続きを読む

前立腺

胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、5日前後服薬すれば、一般に多くの患者さんの自覚症状は良くなりますが、食道の粘膜の炎症反応が治癒したとは言い切れないので留意してください。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、臨床データに基づいた研究によって、予防の効用が望めるのはワクチン接種した約2週後から約150日間程度だろうということが判明しました。
男性だけにある前立腺という臓器は生育や活動にアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが大変深く関係していて、前立腺に出現した癌も同じように、雄性ホルモン(男性ホルモン)に刺激されて大きく成長してしまいます。 続きを読む

エリア

内臓脂肪型の肥満が診られて、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2項目か3項目全てに合致するような様子のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と言っています。 続きを読む

健康障害

腹部の右上にある肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、動脈硬化や狭心症を筆頭にいろいろな健康障害の合併症を招く可能性が高いといわれています。 続きを読む

音声ガイダンス

自動体外式除細動器(AED)というのは医療資格のない非医療従事者でも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスの通りに手当することで、心臓が細かく震える心室細動の処置の効果を実現します。 続きを読む